ライセンスキーのドライバ

2013/11/17 19:18 に 作業担当 が投稿   [ 2013/11/21 21:30 に更新しました ]
  1. Windows 7、Windows 8 においては、自動インストールが可能です。インターネットに接続した状態のまま、ライセンスキーを差し込むことで、インストールが行われます。
  2. 自動インストールが使えない場合は、手動でドライバをインストールしてください。フォルダSentinel_LDK_Run-time_setup 内にある、バージョン6.60 を使用してください。まれに、インストールに失敗することがあります。その際には、フォルダHASP_SRM_Runtime_setup内の古いバージョン5.57 のドライバを使用してみてください。
  3. ドライバのインストールに時間がかかることがあります。特に、手動のインストールにおいて、経過を示すバーが動かなくなることがありますが、ボタンなどを押さずに、そのままお待ちください。3~5分程度かかる場合もあります。
  4. ライセンスキーを挿したときに、赤色のLEDが点灯していれば、TRTアナライザーを使用できる状態になっています。