サポート

お問い合わせ連絡先

技術的な質問については、(株)信州TLOへ、電子メールまたはFAXにてお願いします。

(株)信州TLO

電子メール    trt-a @ shinshu-tlo.com  (このアドレスは、@前後の空白を消してご利用ください)
FAX  0268-25-5188

実行時にセキュリティの警告が発生

2016/01/27 1:10 に 作業担当 が投稿   [ 2016/01/27 1:10 に更新しました ]

■ TRTアナライザー実行の際に、セキュリティの警告
「発行元を確認できませんでした。このソフトウェアを実行しますか?」
が表示される場合について。

<原因>

TRTアナライザーには、発行元のディジタル署名が組み込まれていません。
Windows のセキュリティ強化に伴い、実行時にディジタル署名の確認が
行われるようになり、警告が発生します。

<対策>
1)Explorer にて、TRTアナライザーのフォルダー「bin」を開きます。
内部に、次のファイルが含まれることを、確認してください。
「TRT_Analyzer.exe」
「PowTrt.exe」

2)「TRT_Analyzer.exe」に対して、以下を行ってください。

2-1)ファイルを右クリックし、「プロパティ」を選択する。
2-2)タブ「全般」の下部、セキュリティの部分、「ブロックの解除」をクリックする。
2-3)ウィンド最下部の「OK」をクリックする。


3)「PowTrt.exe」に対して、同様に、以下を行ってください。

3-1)ファイルを右クリックし、「プロパティ」を選択する。
3-2)タブ「全般」の下部、セキュリティの部分、「ブロックの解除」をクリックする。
3-3)ウィンド最下部の「OK」をクリックする。

○ 以上で、警告が出ずに、実行することができます。

Excel の入っていないPCでの動作

2013/11/17 19:38 に 作業担当 が投稿   [ 2014/08/19 23:38 に更新しました ]

  • 現在、Excelの入っていないPCで、TRTアナライザーを動作させると、「バリアントに対する演算が正しくありません」のメッセージが表示されます。
  • 解析は可能であり、熱伝導率を求めることは、通常どおり行えます。
  • 解析結果を、ファイルに出力することはできません。

☆ ファイルに出力できない問題点については、2014年5月リリース版(プログラムバージョン 090-0094、ドライババージョン6.60)において、修正されています。

Windows 8 への対応

2013/11/17 19:33 に 作業担当 が投稿   [ 2013/11/21 21:30 に更新しました ]

  • 本体プログラム TRT_Analyzer.exe については、Windows 8 の32bit版 あるいは64bit 版で、動作します。
  • ライセンスキーのドライバプログラムについては、新版のドライバ(バージョン6.60)を使用してください。

ライセンスキーのドライバ

2013/11/17 19:18 に 作業担当 が投稿   [ 2013/11/21 21:30 に更新しました ]

  1. Windows 7、Windows 8 においては、自動インストールが可能です。インターネットに接続した状態のまま、ライセンスキーを差し込むことで、インストールが行われます。
  2. 自動インストールが使えない場合は、手動でドライバをインストールしてください。フォルダSentinel_LDK_Run-time_setup 内にある、バージョン6.60 を使用してください。まれに、インストールに失敗することがあります。その際には、フォルダHASP_SRM_Runtime_setup内の古いバージョン5.57 のドライバを使用してみてください。
  3. ドライバのインストールに時間がかかることがあります。特に、手動のインストールにおいて、経過を示すバーが動かなくなることがありますが、ボタンなどを押さずに、そのままお待ちください。3~5分程度かかる場合もあります。
  4. ライセンスキーを挿したときに、赤色のLEDが点灯していれば、TRTアナライザーを使用できる状態になっています。

Excel2013 でのエラーメッセージ

2013/10/15 20:21 に 作業担当 が投稿   [ 2013/10/15 20:21 に更新しました ]

【症状】
Excel2013をインストールしたPCにおいて、TRTアナライザーを起動すると、「未対応エクセル!」のメッセージが出る。

【原因】
本ソフトは、Excel2007 および Excel2010 を対象として、開発を行ったためです。

【対策】
エラーメッセージについては、「OK」を押してください。
動作上は問題ありません。グラフも正常に表示されます。

次のバージョンアップの際に、対応したいと思います。

r2(ρc)の意味

2013/06/02 19:02 に 作業担当 が投稿   [ 2013/10/15 20:26 に更新しました ]

【質問】
熱伝導率λについては理解できるのですが、r2(ρc)の具体的な意味がわかりません。

【回答】
計算上では、r:熱交換井中心からの半径、ρ:地層の密度、c:地層の比熱としています。ただし、r2(ρc)については、これ以上の分解はできず、具体的な物理量と関連付けることはできません。
詳細については、以下の「技術レポート」をご覧ください。

Excelのグラフの形がおかしい

2013/04/22 22:18 に 作業担当 が投稿   [ 2013/11/21 21:25 に更新しました ]

【症状】
解析結果を表示させたときに、グラフが滑らかな形にならない。

【原因】
Excelのグラフの種類が、「折れ線」となっているため、温度測定の時間間隔が均等でないと、グラフの形がゆがんでしまう。

【対策】
グラフの種類を、「散布図」の中の「直線とマーカー」あるいは「直線」に変更してください。通常はこの設定の変更だけで、正しいグラフが表示されます。

上記の変更でもグラフが正く表示できない場合は、グラフを右クリック → 「データの選択」を選び、「温度変化量 VM(℃)」と「計算温度変化量VC(℃)」のX軸(時間)およびY軸(温度)を正しく設定します。

1-7 of 7