ライセンス

TRTアナライザー  ソフトウェア使用許諾契約


(定義)

(1-1)    複数のソフトウェアプログラム、中間ファイルおよびドキュメントの組み合わせで構成されるTRTアナライザー(以下、「本ソフトウェア」という)を本ソフトウェア使用許諾契約(以下、「本契約」という)の対象ソフトウェアとします。
(1-2)    TRTアナライザーを利用される全ての方に適用されるものとします。

(本ソフトウェアに対する権利)

(2-1)    本ソフトウェアおよび関連するドキュメントに関する所有権、知的財産権、その他の一切の権利は株式会社信州TLO(以下、「信州TLO」という)に帰属します。

(使用許諾)

(3-1)    信州TLOは、お客様に対して本契約の定める条件おいて、 本ソフトウェアを使用できる、非独占的な使用権(以下、「本使用権」という)を許諾します。
(3-2)    プロテクトキーについては、そのドライバに付属する使用許諾契約を遵守するものとします。

(使用権の範囲)

(4-1)    本使用権の内容は以下のとおりとします。
(4-1-1)      ・ 本契約により、お客様は、ライセンスキー一つにつき一台のコンピュータ上で本ソフトウェアを使用することができます。
(4-1-2)      ・ 本使用権は、日本国でのみ有効なものとします。
(4-1-3)      ・ 本使用権は本契約の有効期間中に限り存続するものとします。

(禁止事項)

(3-1)     お客様が以下の行為を行なうことを禁止致します。
(3-1-1)      ・ 特に定める場合を除き、他の第三者に対し、本ソフトウェアを販売、貸与、リースあるいは再使用許諾すること。
(3-1-2)      ・ 本ソフトウェアあるいは関連するドキュメントを不特定多数の者によるアクセスが可能な電子掲示板やウェブ・サイトなどにアップロードまたは掲示すること。
(3-1-3)      ・ 本ソフトウェアあるいは関連するドキュメントを補修、翻案すること、また本ソフトウェアを利用して他のソフトウェアを製作すること。また、適法と認められる範囲を越えてリバースエンジニアリング、 逆コンパイル、逆アセンブルすること。
(3-1-4)      ・ その他当社ないし第三者の信用を毀損し、あるいは損害をもたらす一切の行為を行なうこと。
(3-2)     お客様は、本ソフトウェアを使用するにあたり、外国為替および外国貿易管理法、輸出貿易管理令、 外国為替管理令その他の日本国の輸出関連法規を遵守するものとします。

(保証に関する免責事項)

(4-1)    本ソフトウェアは、一切の保証なく、現状で提供されるものであり、信州TLOはその商品性、特定用途への適合性、第三者の知的財産に抵触するか否かの保証を含む無侵害性をはじめ、明示的にも黙示的にも本ソフトウェアに関して一切保証しません。本ソフトウェアに関して発生するいかなる問題も、お客様の責任および費用負担により解決されるものとします。
(4-2)    本ソフトウェアの品質と機能に関しては、信州TLOは一切の保証(ウィルスの不存在、応答の的確性、使用結果に関する保証を含む)をするものではありません。 さらに、本ソフトウェアがお客様の要求を十分に満たすかどうかは、お客様自身で決定しなければなりません。

(損害に関する免責事項)

(5-1)    本ソフトウェアのインストールまたは使用に関連してお客様に直接的または間接的に発生する一切の損害 (ハードウェア、他のソフトウェアの破損、不具合等を含むがこれに限定されない。また、結果的損害、付随的損害あるいは懲罰的損害を問わない。) および第三者からなされる請求について信州TLOは一切責任(注意義務を含む)を負担しません。
(5-2)    お客様は、本契約を履行して頂けなかったことに関して、信州TLOおよび第三者に発生した全ての損失および損害を信州TLOおよび当該第三者に対して御負担頂くものとします。

(本契約の期間)

(6-1)    お客様は本ソフトウェアを使用可能な状態にされる時点で(ダウンロード、インストール、ライセンスキーの接続その他の行為を含むがこれに限定されない)本契約に同意されたものとみなします。
(6-2)    お客様が上記に記載された本契約の定めの一条項にでも違反した場合、本契約は自動的に終了し、本使用権は消滅します。本契約が終了した場合には、お客様は本ソフトウェアおよび関連するドキュメントを直ちに破棄しなければなりません。

(管轄裁判所)

(7-1)    本契約は日本国法を準拠法とします。本契約に関連して法律上の紛争が生じた場合は、長野地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所といたします。

(2012年10月1日)